読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inside

日々のいろいろ。好きなものこと。引き寄せもゆるっと。

服の話、肌の話

日々

昨日おとついお出かけだからときつめのパンプス履いてたら、案の定水ぶくれできてました(´・ω・`)というわけで、本日はゆっくりお風呂。さくらの香りでリフレッシュできました。

常備品はこちらですが、飽きてきたので、気分も一新です。

昨日はまきおさんと一緒にショッピングでした(*゚Д゚*)

 

i-love-wine474.hatenablog.com

いろいろご提案頂いていたが故、自分がどうなってるのか、理解するのに非常に時間がかかりました……( ´・_・`)

ただ、一旦試着したり合わせて頂いたりしたことで、今までの自分がすごく老けやすい服装を選んでいたのだな、というところまではわかりました。そりゃ30代のお姉さん方に同い年くらいだと思われますよね……社会人なりたてだったのにヽ(=´Д`=)ノ笑

まだお洗濯中なので、そのうち、購入品の写真とりますね(゚∀゚)

 

で、お時間頂いていた中「服装」について考えていたもやもやを、かみ砕いているところです。ここからちょっとテンション下がっていきますので、少々下げておきますね……m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

まきおさんにおしゃれとか服装についてご質問頂いたのですが、昨日も今日も、明確な答えが出せず。

 

逆に、自分がどうしてああいう服装を選ぶようになったかというところを考えてみると、やはり、自分の体形やら体質やらが関係していたのだということがわかりました。

 

昨日まきおさんにも苦笑されたのですが、靴に関して言えば、本当に会うものが少ない「甲高・幅広・足長ほどほど」という三拍子そろった日本人足。しかも肉というより骨格レベルで合わないという・゚・(つД`)・゚・

そのため、運動靴レベルのスニーカーじゃないと履けないし、はかない。サンダルやブーツもほぼヒールなし。重たい靴もソールが薄い靴も、距離が歩けないし基本的に足が痛くなるからいや、と。おかげさまで、おしゃれ=見るもの、という形が出来上がってしまっているので、問答無用で「履ける靴」が少ないのです(思い込みかもしれませんが)

 

思春期からそうなので、たとえば母に「かわいい靴がほしい」と地元の靴屋さんを2,3件はしごして、さんざん試着しているものの合う靴がなく、一緒に付き合わせている母に「ごめん、もういいわ」と言うと「買わなくていいの?」と。みんな履いてるコンバースとかローファーにあこがれていたものの、買わないんじゃなくて履けないんだよ、と|ω・`)

そうこうしているうちに大人になってしまいまして。

服装もそう。母や母の妹さんたちのお下がりをもらったり、母が懇意にしていた少々お高い目のブランドさんとかの服屋さんorしまむらかそれくらいの安い服で、自分で選ぶとしても、基本はアトピーと体型(今よりもっと縦横の横の比率が高いめでした)が念頭にあるので、体がかくせるぶかぶかなものがメインでした。

その上、肌あたりがよいものじゃないとすぐ掻き傷やただれ、発疹のオンパレード。今よりちゃんと病院に行っていたのに、全然治らないから服の系統も増やせない。汗をかきやすいからすぐ着替えのできるもの、天パだから朝セット?した髪形を維持できるように、できるだけ髪に干渉しない服、と、おしゃれではなく用途中心。

むしろおしゃれする=アトピーの悪化、となっていたし、今でもそうだろうなと思っているところもあります。よくなったとはいえ、私の皮膚に化繊はまだ対応していないようで、デザインがよくても長時間着ることができない服もあります。それに気づくことで、より「いつも通りの服装」に固執していた気がします。

……と、ブログに吐き出してみると、あれだけ動いたことによって、自分の身体を大事にできていないんじゃないかと思いはじめて、泣けてきました。そんなこと(自分が悩んでいろいろすること)がご迷惑になるのではと。不安大爆発中です。

できることからやればいいのだとは思います。

ただ、自分の気持ちに折り合いをつけないまま、いろいろ動いた結果なのでしょう。「変わりたい」「変わらなきゃ」と。

 

今回服を購入したこと自体は、全く問題ありません。自分でも納得して「いつもの雰囲気と違うけどいつも通りだ」って思って購入したので。まきおさんのおかげで服選びの幅が広がった気がします(´・∀・`)

この不安が、バイオリズムなのか、満月付近で過敏になっているだけかはわかりませんが、少し、自分と対話してみます。本当にやりたいことはなんなのか。

 

まきおさんにすごく褒めて頂いていることが、とても嬉しい反面、まだ受け取りきれていないことも、どうにかしたいですヽ(´A`)ノ